佐渡ロングライド210km ~ 完走記 ①

画像


 今年で 7回目の 佐渡ロングライドは、順位を競う大会では なく、完走を目指す 自転車イベントです。

 私は、3回から 連続参加していまして、貧弱 & 虚弱 & 惰弱 なりにも、毎年テーマを設定して 挑戦してきました。
 
画像
2009年は、暮れに購入した MTB・ ルイガノ CASPER PROにて、2インチ ( 5cmほど )幅で、転がり抵抗の多い ブロックタイヤのまま Cコース 100kmを

画像
 2010年は、タイヤを1.5インチ幅に、Cコース100kmの両津から 国中平野を通って 佐渡島を横断。 
 スタート地点の佐和田でゴールした Bコース 130kmを


画像
 2011年は、1992年からの、私の長~い 相棒、ARAYA マディフォックスで。 
 Vブレーキに付け替えるなど プチ レストアを 施し、Cコース 100kmを


 3回とも 自分では、「 完走 出来るかな? 」 という ハードルを設定しまして、装備品や、長距離を走る際の お助けウェアなどを 導入し、本番前には、同じ距離を 試走して 万全の体制で 望んだ結果、

 トラブル無く 満足して 新潟に戻ることが出来ました。

 「 100km走った後に、まだ110kmも残っている Aコース 210kmなんて、超人の所行! 私には 無縁 無縁~♪ 」  

 2012年の 5月20日、第七回 佐渡ロングライド 当日の朝まで、完走出来る気が 少しも ありませんでしたよ、、、

本番までの 最長走行距離 = 100kmです、、、



画像
 おはようございます。 携帯電話の目覚ましは、 3:10 に 忠実に 鳴ってくれたのですが、、、

 二度寝 二度寝、、、 Zzzz、、 はっっ! 死ぬ! もとい 今何時?  3:40!!

 スタート時刻は 5: 45。 のたのた 急いで 準備します。

 鼻に 備考拡張テープを、足の各所に ファイテンのチタンテープを それぞれ ペタペタ貼り付けて、
 股ずれ防止用の クリームを塗りつけます。

 前日 あらかじめ用意していた物
画像
 自転車に備え付ける ボトルには、ヴァームウォーターを、カルピス プラスで割ったものを。 
 どちらも 果糖を含んでいないので、おすすめです。
画像
 自転車専用のジャージには 背中にポケットが付いています。
 けっこう 詰め込めるので 背負うバックなどは必要無いのです。

 私は 2枚重ね着していたので、上の写真の食料を 収めてました。 

 さらに、菓子パン2袋も 追加収納! ( 前半の80km 以内で、ほとんど 食しましたが、、、 )

 デジカメは 取り出しやすいように、右側のポケットに。

 今年の宿は、国際観光ホテル・八幡館。 佐和田のスタート地点から 3kmという至近距離にあります。
画像
 地下1Fが、宿泊者専用の 自転車保管所として 提供されています!!



  4:35 頃、スタート集合地点の、佐和田体育館に到着。

 宿が用意してくれた 朝ご飯を食べ、ゴール後に受け取る荷物の受付を済ませます。
画像
5:00 A2コースの待機列に並びます。

 2012年の佐渡ロングライドの、当日 スタートした人数は。3032人 !!

 内、私のエントリーした A2コース ( 210kmを 9~10時間で 走 ⦅ りきれる自信があ ⦆ る人 ) は、一番多くて、1077人!!!

、、、 もう 皆が皆、強者に見えるんですよ、、、( 事実です )
画像

 待機列は、ゆっくり 進んで行きます。 真野湾は とても穏やか、凪いでいます。
自転車も、高そうな物ばかりでね、、、 「 人が皆、我より偉く見える日は、、 」 そんな心境、、、
画像
スタートは、1列に6人が並んで、2列同時 = 12人づつ。

 出発!!、ほぼ 6:00。 

画像
 メーターの右側に気温が表示されていますが、2℃ほど 高く表示されるようで、実際の気温は 12℃くらいでした。


画像
 スタート直後 脳内BGMは、コレですよ。 この佐和田の地に、必ず帰ってくるぞ。
 回収車のお世話には ならないぞ。

 高揚感 & 使命感 ( ? ) で 満ちていたのも、スタート直後だけでしたが、、、

画像
 佐渡島の外周を時計回りに一周する Aコース。 コンディションは、ほぼ無風。

 なるべく 隊列 ( トレイン )に追走して、巡航スピードを上げ、距離を稼ぐ。

 長距離ライドの鉄則です。

 が、さすがは Aコースの参加者。 巡航スピードが全体的に速く、時速36kmほどで 進んでいきます。

 私は、必死にペダルを回しているのですが、どう頑張っても、時速30kmほどしか出せません、、、、

 「 こ、この 急行列車 【 樟葉ゆき 】( 京阪電鉄 ) に 乗らないと、乗らないとぉぉぉ 」

  悲しいかな、ついて 行けません、、、

 見る見る 背中が かすんで行きます、、、

画像
イベントのトラブルサポート車、マビックカーを 上手いこと 風よけにして 余裕でクルージングする人が いる一方、
 もう いっぱい 一杯 、テンパって 必死に追走する 私のような へたれな人間も いるのですよ、、、


画像
 ちょっと 巡航スピードが上がると、一両編成の 普通列車 【 出町柳ゆき 】 と 化す私、、、

それでも、上り勾配になると、少しは集団に追いつけるのですが、、、


画像
  佐渡ロングライドでは、20~30kmごとに AS ( エイド ステーション ) が設置されています。

 お弁当の受け取りを義務づけられている、両津 BSを含めて、計 7ヵ所あります。

 トイレ休憩は もちろん、豊富な食料・スポーツドリンクなどの補給が 受けられます。

 実は、スタート前まで、今回の 210kmのプランを 全く考えていませんでした、、、

 《 それで、スタート直後に考えたプラン
6:00 スタートだから、10時間 目一杯 使ったとして、 16:00

 = 100kmの両津で 昼食休憩に 1時間使うとして、10 ー 1 = 残り9時間。

 = 前半の100kmを4時間前後+ 後半の110kmを4時間前後 で、9 ー 8 = 1時間

 = 残り時間は 1時間だから、1つの ASで 15分くらい滞在すると、15 × 4ヵ所 = 1時間しか 停まれない、と、、、


  今回、20kmの相川AS、40kmの 入崎AS は、素通り しました!!! 

 ジャージのポケットに満載した 補給食は、走りながら食べました。

画像
 前半の身に余るオーバーペースで、スタートから 10km地点で、リタイアを強く意識しました、、、

 「 1192人も いるんですから、単独走行なんて有り得ないですよ。 どこかしらの 隊列に追走して行きますよ 」

 と、自転車屋さんで 豪語していた 私は、各駅停車 【 JR奈良線 】の1両編成の列車と化していました、、、、


  ~ 完走記 ② に、続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

torikera
2012年06月09日 22:39
う~んいつもながらリアルな実況で
自分もペダルをこいで参加しているような気になります
しかしまぁ時速30kmというのも大変速いですよ
40km/h近いというのは神業だなぁ
それにしても良く完走をと思うのですが
後半楽しみです
赤うどん
2012年06月10日 20:45
 torikeraさん、コメント ありがとうございます。 私が27km出せる道は、参加者は、31kmほどで巡航 出来るようです、、、
私のような遅い人間は 直線のスピードを上げるのには、特訓しかないようです、、、( ホイールを新調する お金は無いので、ひたすら 訓練です

この記事へのトラックバック