けいおんに はまる 

 きっかけは、献血センターに 置いてあった、『 日経エンタテイメント 12月号 』 でした。
画像

 巻頭特集、社会現象を巻き起こしていて、映画も公開が近づいている アニメ作品があるらしい、と。

 表紙の絵柄を見て、「 う~ん、いわゆる ” 萌え 系 ”?ってアニメかな? 」
画像
 成分献血の時間は 1時間近くあります。 この十分な読書時間が無ければ、関心を持つことも無かったでしょう。

 キャラクターを演じた声優さんの インタビュー記事の中で、音響監督 ( 鶴岡 陽太さん ) に受けた指示に 関する感想が 私の関心を引きました。

 《 形式的な アニメ的な 表現ではなく、普通の感じで感情を表現して、演ずる 。 》  
 洋画の吹き替えや、アニメーションの作品の質を上げるも下げるも、スクリーンの向こうの 人物を活かすもダメダメにするのも、
 ” 演技指導 ” の 音響監督さんの手腕に依るところが 大です。 

 「 ふむふむ、真面目に製作された作品らしい、、 」

 また、作品の魅力として、” 音楽 ” が あるらしい、 とのこと。 劇中の挿入歌や、演奏曲など、非常に丁寧に 作られているらしい、とも書いてありました。


 11月9日、献血後に ジュースと せんべいを大量に飲食し、ふらりと立ち寄った、最寄りの TUTAYAに、偶然、DVDの 1,2,3巻( 旧作1週間 100円 )が 貸し出しOKで無ければ、、、

『 けいおん! 』 ( 第1期 12話 + 2話 )DVD 7巻は、良作でした。
画像

 物語は、部員4人 ( のち 下級生1人 入部 )の、 桜ヶ丘高校 【 軽音部 ( けいおんぶ )】 の放課後の部室が 主な舞台。 

 ギター・ベース・ドラムス・キーボードの4人 ( のち5人 ) のバンド 、桜高 軽音部は、音楽準備室が、部室。 
 放課後、部室に集まると、楽器の練習より、まずお茶、そしてお菓子を食べながら おしゃべり、、、 
 唯一の下級生が、練習を促しても、「 まぁまぁ、とりあえず お茶のんで、お菓子食べて、それからそれから~ 」

 そんな毎日です。 

  時々 合宿やら、学園祭のライブやら 非日常イベントがありますが、まったりとした 放課後の情景が 『 けいおん! 』 のストーリーの基本です。

 夜 リラックスして コーヒーと お菓子を用意して 『 けいおん! 』 を見る。 この ” ゆるやか ” 感{は、とても有り難いものでした。  
画像
 ” 軽い音楽 をするところ” と 勘違いして ( 演奏出来る楽器は、幼稚園時に叩いたカスタネット ) 軽音部に入部したのが、主人公 ( ヒロイン? ) 平沢 唯です。

 この、豊崎 愛生 ( とよさき あき ) さん演ずる 唯、面白すぎ!! 意表をつく 行動と、天然ボケな セリフ が、笑いのツボ 押しまくり
画像

 その前に、まず 私の心を わしづかみにしたのは、オープニング( OP) 曲!!Cagayake! GIRLS
 イントロからのギターが格好いい!! 曲のテンポが 速い! 映像の元気良さとシンクロして、素晴らしすぎ!! 

 この毎回の OPと、まったりとした作風、ときおり映る 京都らしき景色、そして 唯のキャラクターが 楽しくて、 
 高校2年の途中までを描いた 第1期 DVD7巻は、レンタルして1週間ほどで 見終えました。


 好評につき 製作された 『 けいおん!! 』 ( 第2期 24話 + 3話 )DVD 9巻 、大傑作でした!!
画像

 まず、度肝を抜かれたのが、OP曲、『 GO !GO! MANIAC 』 炸裂するヴォーカル・豊崎 愛生さんの、超絶滑舌!! 物凄いテンポの速さ!!  映像もグルグル回ってるけど、私の頭もグルグル!!
 何て言ってるのか さっぱり聴き取れない!!

 これは ぜひとも歌詞が知りたいと、TUTAYAで CDシングルをレンタル。 

 『 けいおん! 』 のTV オープニング曲、計3曲の 作詞は大森祥子さん。 

 作 編曲は、Tom - H@ckさん。 

 絶っっ体に 【 詞先 】 だと思われる 楽しすぎる詩を、ハイテンポに譜面に割り振った、良曲揃い。

 CDシングルをレンタルで済まそうと思っていたのですが、結局、中古や 新品など 買い集めるに至りました。 いやいや 大ハマリ。 

 『 けいおん!』 の楽曲を聴きながらだと、筋トレが はかどること 腹筋も いつまでも続けられるかのようです。
画像

 第2期 『 けいおん!! 』 は、高校3年生の1年間。

修学旅行や、野外音楽の 夏フェスに遊びに行ったりと 特別なイベントも新鮮なのですが、
『 けいおん!』 の監督 ・ 山田 尚子さんも、脚本の吉田 玲子さん も、インタビューで 「 アニメファンだけでなく、同世代の10代の女の子に見てもらいたい 共感してもらいたい」 と 語っていたように、気配りが行き届いていて、学校の日常の ” ささいなこと ” が とても楽しいし、輝いています。 

 キャラクターの行動や 仕草も 、ふざけていても 上品な女子高生として描写されている点も、安心して見ていられる要因。

 また第1期にもまして キャラクター同士のテンポの良い掛け合いは 健在、5分に1回は必ず笑えます ( 当社比 )!!

 原作の4コマ漫画の影響で 、第1期では 突飛なキャラが強調されていた 唯も、
 《 自分も他人も うれしいのが 一番!!》 という 性格が ところどころ 描かれるようになり、
 期末試験そっちのけで 親しい おばあさんを喜ばせようとしたり、人一倍 おもいやりのある 優しい面など人間的な長所も 描かれるようになります。

 でも、進路が なかなか決まらなかったり 相変わらずマイペースに 大事な高3の1年間を過ごしていて、
見ているこちら側が、「 そんなんで、大丈夫か? おい?」 と 心配してしまう事 しきり、、、

 時折、『 うさぎと カメ 』 を連想させる 描写が ありました。 
 すこしズレていて、どこか抜けているような マイペースすぎる女子高生でも、ゆっくり 少しづつ 成長していく。 

 それは ヒロインの唯に限らず、他の軽音部員にも当てはまることで、それこそ アニメ製作スタッフの、同世代の子たちに向けた メッセージ なのかな? と 私は 勝手に解釈しました。
画像

 『 けいおん! 』 の最大の魅力は幸せ感が あふれている事だと思います。

 好きな場所にいられる幸せ、
 他愛のない言葉で 笑いが止まらなくなってしまう 幸せ
 大切な仲間と 過ごせる幸せ、
 息の合うバンドで 演奏出来る幸せ、
 歌う幸せ、
 楽しく おしゃべりできる幸せ

 同世代の10代の人はリアルタイムの現実感として、また 年齢や男女を問わず、時間を忘れて 好きな仲間と 居心地の良い場所で 過ごした、 かけがえのない 貴重な 幸せの思い出。

 ” 幸せの共有感 ” が 『 けいおん! 』 という作品が、幅広い人に 支持される一因だと思います。


 そして、『 けいおん! 』 魅力は、” 見終えた後、” 昔は良かった、、 ” という 後ろ向き思考で 終わらないこと ( 少なくとも私は )だとも 思います。

 見終えた後は、とても のどかな気分になれるし、前向きに なりますよ。


 全 16巻をレンタルで見終える前に ( 人気作ですが、わりとすんなりレンタル出来ました )、12月3日の劇場公開前に、前売り券を買いに行きました。
画像
 2011年、いろいろ写真を撮影しましたが、一番 気恥ずかしかったのが、このパネルを撮影したとき、、、

 11月23日は 祝日なもので、シネコンがある 大規模ショッピングセンターの、人の多いこと 多いこと、、 
 人波の途切れた 瞬間を見計らって カメラに収めましたよ、、
画像

 劇場版ですが、2回観に行きました。 1回目に観たときは、「 MOVIE! MOVIE!」 と 構えて観たからか、「 ? 何か 今ひとつ? 」

 レイトショーで 劇場の1番後ろの方の座席に座り、ゆったりして観たところ、
 「 やっぱり、『 けいおん!』 らしくて まったりしていて 良いもんだ 」 と、楽しめました。
画像
 1回目に聴いた時は 今ひとつ期待はずれだった オープニング曲 『 いちばん いっぱい 』 は、ストリングスやブラス、コーラスも 豊かで、歌詞も 聴けば聴くほど 『 けいおん! 』 らしくて、寝る前に聴くと とても心地良いです。

 ラストシーン、( 京都の、国道367号を通って、大原に進む途中の 花園橋 ?に良く似ていたような ) 夕景を バックに、
今が1番楽しいし、この瞬間を 永遠に と話しながら歩く光景は しんみりきます、、、


 TV放送が終わったのが 2010年9月で、私が 遅まきながら見始めたのが 2011年の11月。 でも 『 けいおん! 』 というアニメーションを見られたこと、本当に 幸運でした。 

 私のように ” 絵柄 ” で 敬遠していた方は モッタイナイ!

 劇場版が 2月頭に終了するようなので( ひょっとしたら 地方によって前後するかも )、
 第2期 9巻 ( 1巻に3話 収録されている方です )の 『 けいおん!!( ビックリマーク  2つが、第2期です ) 』 だけでも もしレンタル屋さんで 貸し出しOK だったら 試しに借りてみて下さい。 

出来たら最後に 劇場にも 足を運んで見てください。

 公開終了後、ゆっくりとDVDを 見進めてもらっても、 もちろんOKです。

 長長駄拙ブログ、最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

torikera
2012年01月21日 23:32
あひゃひゃ~ 赤うどんさん随分はまっちゃいましたねぇ
もう気合い入りまくり記事です 可笑しいおかしい(笑)
こんな記事読んじゃったらもう見るしかありませんねぇ
あっはっは~
実は私も「けいおん」マークしておりましたので
機会があったらやってみたいと思っております
しかし映画館で写真撮るのやっぱりチト恥ずかしいかもしれません
赤うどん
2012年01月23日 22:37
 torikeraさん、コメント ありがとうございます。 正直、こんな短期間で ハマるとは、私自身 とんでもないことですよ、いや本当に。 あんなに汗かきながらでも、写真撮る勇気(?)が出るんですから
 シリーズ一連の主題歌は、ものすごいパワーを持っています。 ぜひ DVDをレンタルして観てください。 

この記事へのトラックバック

  • オークリー レンズ

    Excerpt: けいおんに はまる  忘我な 時/ウェブリブログ Weblog: オークリー レンズ racked: 2013-07-05 20:02