vs カメルーン戦を 劇場で

 重要な初戦を大スクリーンで。
画像
 コンサートや、スポーツイベントなど、現地に訪れることが出来ない人のために、
生中継映像を、公共の広場や、大型スクリーンの有る施設などで放送することを、パブリック ビューイング ( PV )と呼びます。

W杯が開幕して いよいよ日本代表の試合が行われる 6/14、どうやら 新潟市でも( PV )が行われるらしい、、 幸運にも 翌日は 休み、、 これは 行って見ねば! 

 と、言うわけで 駆けつけました、Tージョイ 新潟。
画像

 Tージョイは、東宝 & 松竹 映画系の シネコンです。 新潟市の繁華街・万代にあります。 夜の7時すぎ 電話で問い合わせたところ、「 まだ席に余裕があるけれど、試合開始直前になると 保証が出来ないので、前もって PCか携帯から 座席の予約をしておくと 安心です 」
 とのこと。 また、「 携帯電話のSuicaや、クレジットカード払いだと、上映 ( Kick off )ぎりぎりに来館しても OKですが、窓口での現金支払いだと、上映1時間前に 手続きを済ませないと、予約が無効になりますよ 」 、とか。
 Kick Offは夜の11時だから、10時までには 到着するだろうと、後者を選択。 風呂に入り、夕食を済ませ、横になりながら、 日本と同グループの オランダ vs デンマーク戦を 観戦、観戦かんせ

 、、はっっ! 気がつけば、9時半! デンマークのオウンゴールまでは 記憶があったのだが、、  
開き直って、席があればラッキー、くらいの ゆとりをもって 準備する。

画像
 Tージョイ万代では、入場料2000円のところ、サッカーのユニフォームを着て入れば、300円引きになるらしい。 
 私が 持っているのは、Jリーグ・アルビレックスのみ、、 新潟の矢野も代表にいることだし、ユニフォームに違いは無い! 着用しました。

画像
10時20分ころ、Tージョイに到着。 予約は無効になっていましたが、お目当ての 席は空いていました。
画像
ユニフォーム割引も 適用。 おまけに ドリンク券まで付いています。
画像
当日のお客さんは、ユニフォームと 普段着?の比率は 4:6くらい でしたか。 モデルを問わず、日本代表の 青いユニフォームがほとんど。 アルゼンチンのボカを着ている人も。 アルビのオレンジは やはり少ない。
10時30分、開場。 400席ほどの館内は、まだ人まばら。 スクリーンでは、スカパーによる 試合前の様子が 流れている。 

 頭上の照明は点灯中。 私がコーラをすすっていると、前列に 賑やかな お兄さん方が。 日本代表の青いユニフォームを身に纏った 正統派のファンの彼は、振り向いて、
「 お兄さん!( 注 私は こう呼ばれた ) 今日は勝つよ!! 絶対。 」 「 は、はい」 まだ 彼のテンションに遠く及ばない私。
「 俺たちも 応援しようね! 勝つね!!」 「 そ、そうですね、勝ちますね! 」 未だ 暖まっていない私に対して、お兄さんは 終始 にこやか & フレンドリーだ。
 「 残念だけど、今日は ヤノキ ( と呼んでいた= 矢野 貴章 )が 出る展開にはならないよ、きっと。 
でもね、ゴール裏 ( アルビレックスの熱狂的なファンが集う、Nスタンド ) から 3人行ってるんだよ。 」 「 え? 南アフリカに? 」 「 そう! だから、お兄さんも 応援しようね!」

そう言って お兄さんは、アルコールが ほとんど残っていない 容器を私に向けてくれた。 私も、コーラの容器を 合わせた。

 それからお兄さんは、地元のTV局に 仲間と笑顔で受け答えしていた。 

 実は、日本代表の試合を ここ4年間 1試合くらいしか 見ていない私。 諸々の理由で 見ないのだけれど、ある意味 非国民である。 サッカーファンとしては、邪道な私。 
 義理の弟などは、代表戦を正座して、真剣に見ているのだが、、
 今回、自宅観戦では なく、PVを選んだのも、何かしら 目先を変えたかったからなのだが、本当に いい人に活を入れてもらったおかげで、代表応援モードに 笑顔で入ることが できました。 ありがとう、中澤のユニフォームを着た、お兄さん


 11時前、館内の照明が消え、映像は、入場を待つ 日本代表を映している。 来た!  FIFAのフェアプレー旗が 入場、おなじみのテーマ曲( FIFAアンセム )が流れ出した。 ゾクゾクしてきた!! 
君が代吹奏時は、起立して胸を張る。 テンション上がる。

試合開始!!  
 最前列で、日本コールしている人がいる。 、と 思ったら、現地の音声!! 公式球・ジャブラニを 蹴る、GKのキック音!! 1つのボールをカメルーンと日本の選手がボールを挟んで奪い合い 互いに蹴り合う時の、肉とボールの打撃音!! ブブゼラの隙間から 聞こえる、VAMOS 日本のチャント!! 
 そして、カメルーンのチャンス時=日本の劣勢時、スタンドの傾斜が解るような グラデーションの効いたブブゼラの大音量!! 

  自宅のホームシアターなどでは どうしたって 限界がある 音響。 音 1つ1つの 細やかさが 桁違い。 世界中の人間が集い、発する 感情表現が、シアターで鮮明に聴くことが出来る!! 
 1700円は絶対安い!! あ、映像は 普通でした。 でも 大型のスクリーンは 見応えタップリ!! 


 【 世界を驚かす 】 岡田監督の標榜する 日本らしいサッカー・囲んでプレス ( 蠅 と言っていましたが、 やはりこの表現だけは どうも、、 )相手の嫌がることを し続ける、着実に 確実に 相手の攻撃の芽を潰し 好機を待つ。 

 館内では、攻守の好プレーが出るたびに 拍手が おこる

 そして 前半37分、再三 右サイドで 起点を作っていた 松井からのクロスを 本田!! 来た!! ゴール!! 日本先制!!

 ビッグマウス云々 呼ばれていた 本田だが、発する言葉の重要性・己を追い込む必要性などの 重圧と闘ってきたに違いない、有言実行って プロフェッショナルの証。 とにかく、よく決めた!! 

 岡田監督の 満面の笑みも見られた 余人には計り知れぬ、プレッシャーの毎日だった だろう、、 よかった。

 前半終了。 館内では TVカメラを回していたので、映りたくない私は、早々に トイレに。 


 日付変わって、6/15 、午前0時過ぎ、後半開始。
 日本は本当に良いチームだ。 後半 カメルーンのパワープレーで 自陣に下がらせられた時があったりしたけど、1歩の出足で 常にカメルーンを上回っていた。 強力な個に、 組織で 立ち向かう、労を惜しまず 全員が集中していた。 
 特に 長友は 素晴らしい! 大黒柱・エトーを良く押さえ、状況によっては 攻め上がりもしていた。 実況で 体脂肪率4%と紹介していたけど、、 

 1-0でリードしながら 苦しい後半 半ば、ベンチで 岡田監督が交代選手に 指示を伝えている。 背番号は12 矢野 貴章だ

 後半37分 はたして 矢野貴章が W杯のピッチに入った 館内・総立ち & 割れんばかりの拍手 新潟のみんなが 待ってた 夢見ていた、正直 私本戦では 使われないと思っていたので、このサプライズに、映画館で 初めて 絶叫してしまった。

矢野は 右サイドの大久保の位置にそのまま 入り、懸命に走って プレスをかける。 動け!矢野!! 一挙手一投足に わけの解らない大声を発する私、涙が出そうだった。
後半 ロスタイム前・カメルーンの強烈な ミドルが GKが反応するより早く ゴール右隅に!! ポストに当たって 助かった時は 寿命が 10秒ほど ( 個人的 実感 )縮んだ、、、

 ロスタイム表示は、予想した通り 長く、4分頑張れ日本 負けるな日本 集中日本
 ロスタイム2分過ぎ 日本陣内でこぼれたボールを 矢野が拾うそのままドリブル!!

行けー!! 矢野ー!!思わず 興奮して 前の座席を叩いてしまいました、、 この場を借りて お詫びいたします、、
 前列の ” お兄さん ”は、後半から 席を前に移動していた、ヤノキ=矢野の投入から ずっと( ボールを ) 矢野に回せ、回せと 声を張り上げていた。 
日本はボールを保持したら、時計を進めるべく キープ。 
そして、主審の 両手が上がり、日本 勝利 

自国チームの勝利を心から喜べた。 97年のW杯出場を決めた試合よりも 素直に喜べた。

 現地で解説していた、J1湘南の反町監督は 「 今日スタジアムに居た人は、価値がありますね 」 PVでの観戦も 充分価値がありました


 次戦は強豪・オランダ。 Tージョイでは やはりPVが行われます。 事前 要 予約です。新潟競馬場の 大型スクリーンでもPVが行われるそうな、、  私は 生中継自体を見られるか 解りませんが、次こそ正念場! 必勝 日本!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック