テーマ:お菓子

カバヤの こびと

 『 こびとづかん 』 って、ご存知ですか?  絵本作家の なばたとしたかさんの 著作で、発表は2007年。 身近に ひっそりと生息している ” こびと ” の生態・ 捕獲の仕方・ 飼育する上での注意点などを 自作の人形を用いて 図鑑風に記した 絵本です。 で、なばたさんの 創造する こびと なのですが、名前も 独特なのが その顔立ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小枝アイスバー

高原の小枝(?)を大切に 秋です! 秋と言えば、読書・スポーツ・芸術 そして、アイスです!!  暑くもなく、寒くもなく、来る 冬に備え、ほ乳類の本能が、甘みを蓄えよ! と、私たち( 私だけ?)を 突き動かすから、アイスコーナーを のぞかずには おれないのです そんな特異な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不二家で 憩う

別腹、別腹 晴天の10/12。 秋らしく 空も高くなり、馬も犬も猫も きっと肥ゆる季節。 今日は取りたてて することが無い休日。 ( 夜7時から ビッグスワンで 天皇杯サッカー 2回戦があるのですが、今日はパス ) 朝 昼兼用の食事を取り、図書館へ行った後、いつも 行ってみたかったところへ、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

驚異の果実! カムカム

 最近、すぐ疲れます、、 ダメか? 限界か?? こんな事で へこたれていると、どうにも ならんぞ??? 夕食後、ホットカーペットに 突っ伏すこと 2時間、、、こんな毎日です。 そんな ある日、近所のコンビニで 素晴らしいモノを見つけました。  【 カムカムソフト チューイングキャンディー 】 {%ライオンweb…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アイスクリン

 8/5の新潟市は 35度だったそうな。  ビデオで録画しておいた 自転車レース・ ツール ド フランスを見てしまったので、この炎天下、自転車に乗らずにおれませんでした。  ハイ、暑さで頭 やられてしまっています。 先日 行った スーパー銭湯内の ソフト整体で、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちまき

5月のお菓子といえば、これちまきです。  もち米を 笹の葉で巻いた お菓子。  笹の葉の中身は こんな風になっています。 正三角形の もち米。  京都で下宿していた頃、大家のおばあちゃんから 頂いた 京都のちまきは、細長い 円錐形で、中身はだ円形のお餅が入っていました。  お正月の、白味噌仕立ての お雑煮と共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまおう

 あかい・まるい・おおきい・うまい 「 おいは、腹が減ったでごわす 」 九州大陸に 未上陸の私。 学生時代、鹿児島にルーツを持つ友人に、歴史と自然と食物が豊かな彼の地への 敬意と親しみをこめて、インチキ薩摩弁を投げかけた事がしばしば。  その都度、「 お前は九州を誤解 している!! 」 と、東北なまりの新潟弁 ( 新潟は、東北語圏ではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贅沢ストロベリー

立春でもアイス! 明日2月3日は、節分。 あさって 暦の上では、立春。 ですが、実際 新潟市は 立春から2週間ほどは、寒風と 吹雪がちの 荒れ模様が続きます。  まさに 春ハ名ノミノ風ノ寒サヤ、、、 へこたれてる 場合じゃないです。 栄養…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒たい焼き ( アイス )

大雪でもアイス! 12月16日から降り始めた雪。 18日現在、新潟市は、25年ぶりの大雪! 積雪は45センチだそうで、、 まさに新潟県人以外の人が イメージする ザ・新潟 といった様相であります。 そんな 冬真っ盛りでも スーパーのアイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メロンパン ( の アイス)

秋こそアイス 月初めは 冬のような寒さでしたが、ここ数日は まさに小春日和。 いつものように スーパーのアイスクリーム コーナーを眺めていたら、変わり種、いやいや 個性的なアイスを見つけました。 オハヨー乳業 【 メロンパン 】 ( シューアイス )  オハヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッカルチェ

でっかいおいしさ、デッカルチェ。 アイスが好きです。 夏にはもちろん、冬でも食べます。 ストレスと疲労回復には、アイスはもってこいです。  もっぱらスーパーで売っている安価なアイスをしょっちゅう購入します。 それも グ●コ や、ロ▲テ のような大手のメーカーのものは個人的には合わない( やたら甘ったるいような気がするのです )ので、比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和菓子 水無月 

 六月の風物詩。 毎年、六月には必ず食べていました。 そもそも この和菓子、氷が宮中でしか食せなかった時代、代替品として考案されたものだそうです。 氷の欠片を連想させる三角形 ・ 表面は、透明感を感じさせる” 葛 ”を使用・不衛生になりやすい季節なので、健康を害する物を封じる” 小豆 ”を まぶしています。   梅雨の合間の晴れた日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more