奇跡の一日

2012年 12月1日 J1最終節。 17位 アルビレックス新潟が、来年2013年も J1リーグに参戦するために 必要なのは、 奇跡。
画像

正午の気温、1℃。 みぞれ降りしきる ビッグスワン。

 
画像

 

画像

 この日も 私は、選手が入場する際に、向こう正面 = バックスタンド を覆う ビッグフラッグの ” お広げ ” に参加して参りました。

画像

私が受け持ったのは、丸で囲った部分です。 
 ほとんどの参加者は、 旗の隅から隅の間を持つのですが、
 大きな旗の隅 = ” 角(かど )持ち ” は、重要な役割です。

 私は、前回の川崎戦で ” 角持ち ” を 経験していたので、人手不足ということで 要職を 買って出ました。

画像

画像

 リーダーの合図に合わせて 階段を下り、ロープを引っ張って、大旗を ” はためかせる ” のですが、

 着ていたカッパのズボンが 引っかかったのか? ビッグスワンに来る前に 行った 成分献血の影響で ふらついたのか?
画像
 階段で 足が もつれて! 【 画像はイメージです 】
画像

 すってんころりん!!! 【 画像はイメージですが、100% 実話です 】


 ベテランの方が 客席の間に からまったロープを 直してくれて、私も すぐに起き上がり、
ふんすふんす と 一生懸命、全体の ” 押し引き ” に合わせて、ロープを引っ張り、5分弱の のち、撤収。

注 【 ビッグフラッグのお広げ ボランティア 】 は、ちびっ子から、年配の方まで 広い年代の方が参加されています。

 危険でも ありませんし、腕力が必要なわけでもありません。
 大旗に 引っ張り込まれる という心配もありませんので、2013年は どんどん参加して下さい。


 運命の一戦で、なんて不吉な事を しでかしてしまったのか、、、、

 新潟の残留は、他会場の結果に 運命が委ねられて いたので、
もし、悪い 巡り合わせの末、天国から地獄へ、そんな結果に なったら、、、、

 「 そういえば、ビッグフラッグの紐もってた奴が、階段で コケてたよな、、 」
 「 あんな事しでかしたから、ツキが逃げて行ったんだ、、、 」
 「 アルビの命運を絶った 死に神だな、、 」
 「 死刑執行人だな、、、 」
 「 拝 一刀 ( 公儀介錯人= 子連れ狼 ) だな、、、 」

  Sスタンドに戻る際、被害妄想ワードが 頭を駆け巡りました、、、


画像
画像
 早い時間に先制して、前半2-0で 折り返し、

画像
画像

 後半の10分過ぎ、札幌に1点差に追いつかれた 直後、少しだけ 悪いムードが漂いましたが、

 4-1 になった時点で、スタジアムは 勝利ムード。

 当日、スタジアムでは、ハーフタイムで 他会場の経過は 流れませんでした。 

 後半、スタンドのあちこちから、
?ガンバが1-1、、、? 」 「 ?神戸が 0-1 ?、、、

 いろいろ 聴こえてきます。
画像


 「 相手より1点多くとれば良い 」 公言して 実行出来るのは、輝かしい実績のある ガンバ大阪だけ。

 ガンバ大阪が 敗けるとは、とても思えない、引き分けで 試合が進めば、決勝点は まずガンバ、、、

 2010年、日本一 アウェイのクラブに不利なスタジアム・埼玉スタジアム2002で、逆転残留を決めた時の 立役者・吉田 孝行が 負傷から復帰する、、、

 ヴィッセル神戸が敗けるとは とても思えない、本拠地で 戦えるし、相手の広島が 優勝疲れで 弛んでいるかも、、、

 アルビレックス新潟は、どちらかが 勝利したら、J2降格なのですから、、、 願うのは 奇跡、、、

  5:20分前、試合は そのまま 4-1で勝利!! 今季初の連勝!! うれしい 9/29日以来の ビッグスワンでの勝利!!!


 まだ、喜べません。
 選手が 集まっている メインスタンド付近を 一点集中、凝視します。



  歓声が聞こえる!!!
画像

 残留?? 残留??? やった

画像



 ガンバ大阪 vs ジュビロ磐田 1-2
 ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島 0-1

 ビデオで見たハイライトでは、ヴィッセル、ガンバ 両チームに 決定機が幾度もあり、
特に ガンバのレアンドロの クロスバーに当たったボールが、もう10センチ下だったら、、、

 スポーツ新聞の予想では、残留確率 = 15%!!! 残り2試合で 勝ち点 5 を ひっくり返して 逆転残留を成し得たクラブは、
 2005年に J1リーグが 1シーズン制 になってから アルビが初めて!!!


画像

 希望を 抱かせ続けてくれた、指揮官・柳下 正明監督
画像

画像
   「 やりました!!! 」 ありがとう! やってくれた!! 
 チーム在籍13年。 J2時代を知る 唯一の選手、キャプテン ・ 本間 勲!!
画像
 最後の最後まで、チームメイトを信じて 戦い続けてくれた、アルビレックス新潟の選手たち。
画像
画像
画像

 スタジアムの気温5℃でも、30℃越えの 真夏日でも、雨でも雨でも雨でも
 開幕戦と最終戦は、風吹き荒れ、吹雪舞う厳しい、新潟 ・ ビッグスワンで 応援し続けた、
W メイン ・ E バック ・ N ゴール裏の、

 アルビレックス新潟無しでは、いられない人たち!!!


画像
 そして、アウェイのチームの 大音量の応援のすぐ側 = 最前線で 応援するのが、Sスタンド

アルビレックス新潟を応援する いわば” しんがり!” の、Sスタンド アルビ中毒 ( 狂? ) の方々の祝勝会に、お呼ばれしました。

 ビール缶半分で 酔っ払う、ゲコ下戸 な 私なのですが、スタンドで 面識のある人、無い人 から、ビールを浴びるほど ( 本人比 : ビール大瓶 2本ほど? ) 注いで頂き、飲みました

 あんなに美味しい お酒は、本当に 久しぶりです。

 私の ” ヘマ ” が 大勢の人を、絶望の淵に 叩き込まずに済んで、ひと安心。


画像
画像
 祝勝会に行く前、ビッグスワンを出る頃、冷たい雨も止み、雲間から 星が見えました
 方角は 西 ? 北?。 小さくてすみません。 2枚目の写真の、画面中央から右斜め上の位置に 。
画像

  アルビレックス新潟のエンブレム、白鳥の頭上に輝く星は、白鳥座の オレンジ青色に輝く二重星です。

 そして、いつかは サッカー界 一等星に、との願いを込めて意匠されたと 記憶しています。

 2013年も アルビレックス新潟は J1リーグで闘うことが出来ます。

 2004年のJ1昇格から、来年で 10年目。 9年も日本最高峰のリーグに、しぶとく しがみついて来ました。

 来年こそは やります。 星を 頂きに掲げます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

hime
2012年12月04日 00:24
いやぁ、本当に奇跡でしたね。90%いや95%無理かと思ったけど、残り数%がしっかり存在してました。外出してたので結果は知らず、夕方ネットを開いてスポーツのサイトを見た瞬間、思わず「おおっ!」と声を上げてしまいましたwおめでとうございます!
赤うどん
2012年12月04日 23:49
 himeさん、コメント ありがとうございます。 今だから 明かせますが、私も 残り2試合で、勝ち点差 5 に開いた時、絶望しました、、、
 おそらく アルビレックス新潟に 関わる人、ファン、皆、1度は 諦め を感じていたのでは ないでしょうか?
でも、誰かが、諦めなかった、その誰かが 希望を持ち続けるうちに、うちひしがれていた 誰かが、再び 希望を持ち、立ち上がった。
 そんな 連鎖が 12/1、最終戦で 噛み合って、奇跡を たぐり寄せた。 そんな 気がします。 
 
torikera
2012年12月10日 23:09
私はずっとガンバの試合中継を見ていましたよ~
それにしてもおめでとうございました
しかし赤うどんさんの奮闘(階段で転けたマンガ最高!)
を観るにつけファンがあっての奇跡ですねぇ
赤うどん
2012年12月15日 01:58
 torikeraさん、コメント ありがとうございます。 新潟のNHKでは、生中継を放送していました。 けれど、大人の事情で、スタジアムの放送席から放送出来ず、” スタジオで、テレビ画面に映っている 映像に合わせて 実況 解説する ” という 変わった中継でした。 
 他会場の経過は、現地に派遣した アナウンサーからの ”報告 ”で 伝えられました。
 スタジアムに居た 私たちは 90分間、集中していましたが、テレビの前で応援していた人は、気が気でなかったようです。
 階段で転けたのは、繰り返しますが 実話です アルビにとっても、私にとっても トラウマに ならなくて本当に幸いでした。

この記事へのトラックバック