最大の仙台戦 (本編)

11/24、Jリーグ 残り2試合。 新潟は 負け、引き分けだと J2リーグに降格します。
画像

 ベガルタ仙台は、勝ち点差1で、リーグ2位。 新潟に敗れると、優勝が 無くなります。 

 ホーム・ユアテックスタジアム( 略称 ユアスタ ) で、16戦中 9勝!! 1敗しかしていない 仙台。

 総得点は、新潟を30も 上回る 57点!!!

 前節 敗退直後、絶望的に なったのは、あの ユアスタで 勝利しないと いけないから、、、 
 リーグ初優勝 + 12月の クラブ ワールドカップ 開催国枠 での出場 という 大きな ” 動機づけ ” で 試合に臨む 仙台と、
 残留する、 その一念だけが 原動力 の新潟。 


画像
画像
画像

 スタジアム ぐるり を埋め尽くす 仙台サポーターによる コレオグラフィ。 

画像
画像

 新潟も、『 オレンジフラッグ大作戦 』 を展開中。 旗の持参や、手製の オレンジ色の旗をホームページで呼びかけ、
選手の練習時や、入場時に 数多の旗が 打ち振られます。

 サポーター有志の方が 大量に製作され、試合会場で 貸与して回っておりました。

画像

 11月24日、初冬の仙台は 寒いです。 スタンド 寒風が吹き込んできます。
 一昨年 7月に訪れた時は 汗ダルマで 苦しんだのが 嘘のよう。

 そして、ベガルタ仙台は 怖いです。 中盤で 激しいプレスでボールを奪うと、少ないタッチで 攻め入ってきます。
 ボール保持者を 後陣から 全速力で上がっていく選手に 、どんどんパスが供給されます。

 中央でも 正確な リターンパスや、サイドからのクロスボールも 2度 3度と 頭で繋ぎ ペナルティエリアを 混沌に陥れます、、、

 仙台、強い!! 強すぎ!! 座席から 立って、ピョンピョン跳びはね、絶叫して、拍手して、合唱でも しないと  私のような 弱虫には とてもこの恐怖には 対峙できません、、、

BS-TBSでの録画映像を 多数使用しています 》

 勇気を持った アルビレックス新潟の選手たちは、素早く寄せる。 空中での 浮き球の競り合いも 負けない。
画像

画像

 度重なる 大怪我を乗り越え、この大一番でゴールを守るは・GK 1 黒河 貴矢
画像
 試合勘が戻り、俊敏な動きで 神がかりセーブを!!! 低い弾道の 鋭いロングキックでも 攻めに貢献できる 万能型 の 名GK です!!
画像
画像
 秋から加入した ・ DF 37 坪内 秀介
 イエローカードこそ もらいましたが、根性の たっぷり入った スライディングタックル!!! 
画像
画像
 ただ ” 居るだけ ” の、ゴール前の ディフェンスでは 決して無い! 全員で止める!! 
画像

 2000人のアルビサポーター。  アウェイゴール裏も 仙台サポーターの為に 多く座席が割かれています。
  私は 画面右端、映ってませんが、応援してました。


 アルビレックス新潟を J1に昇格させてくれた功労者、 反町康治監督は、
  『 気持ちの強い方に ボールは転がる 』 という名言を 残しています。
画像
 前半17分、敵陣にて、右サイドの MF 10 ミシェウから、
画像
 駆け上がっていった、 MF 6 三門 雄大へ 渡り、
画像
 『 ボールに魂を込めろ! 』

 最後に合わせたのは、DF 19
画像
 20歳の 、金 珍珠 ( キム ジンス )

画像
画像
 強い仙台から、点を獲った!! 
画像
画像
画像
 殊勲者 ジンスに駆け寄り、輪になり、抱き合う 新潟イレブン。  以前のブログで 、今季のアルビは、仲が良いことが 必ずしも プラスに働いてないのでは? などと書きましたが、

 不明を恥じます。 仲の良いことは 美しいのです。 強さを 生み出すのです。


画像
 仙台のチャンスの度に 周囲のの仙台側スタンドからは、 大音量の声援が 巻き起こります。
 ユアスタは とても良く出来ていて、 ” 声 ” は、屋根に反射して スタンド中を 波動で 揺さぶり続けます。
 ” 声 ” は、ユアスタでの 勝率の高さの源です。
画像
 私が、ピョンピョン 飛び跳ねながら、撮影すると、こんな感じです。 自転車ブログでは、自転車に乗りながら 撮影出来ますが、、、
画像
 前半途中から、選手は アップを開始します。 負けたら終わり。 引き分けでも 終わりなので、早すぎることは 無いのです。

 前半が終了し、優勝争いをしている 広島が、 大量リードしているとの報が。

 このままま 0-1 で 終了すると、仙台は 負けたら優勝が潰えることに。 


 仙台は 最悪 引き分けでも 最終戦での 逆転優勝の望みがあるので、1点獲れば 望みが繋がるし、試合の流れを取り戻し、勝利することも考えられます。 

 新潟 は、虎の子の1点を 保持出来なければ 終わり! なのです。
画像
 エースストライカー・ FW 11 ブルーノ ・ ロペス
 後半に頭部を負傷しても、テーピングぐるぐる巻き付けて、試合に臨みます。
画像
画像
画像
 「 うちのロペスは、こんなに力強いんですよ!!( 誇 ) 」

 ブラジルでは、” グラディエーター ” の愛称で呼ばれていた 点取り屋!! 相手DFを背負いながらのプレーで無く、前を向いてプレーさせたら、スピードのある ドリブルと 左45°からの 強烈な ミドルシュートは 絶品!!

画像
 90分 + α、 攻守に渡って 走ってくれた、ロペス。 

 そして、後半39分、試合を左右した シーンが。 

 「 押した!! 押した!! 押した、、ように見えました ( 小声で訂正 ) 」 

 ( 清水 大輔 アナウンサー ) 落ち着いた語り口で 私はファンですよ 念のため。
画像
 線審は 反則 を 示していたのに、主審は 却下! 
画像
 当然、新潟の柳下監督は 抗議・異議を訴えます。 当たり前です、多くの人の 運命が かかっているのですから。

 結局、この抗議が元で、監督は退席処分に。 ( 最悪 次節 もベンチ入り禁止も 、、)
画像
 途中交代する、キャプテン・MF 15 本間 勲。 大一番で、最高の仕事! 男らしい精悍な表情だ!!

画像
 応援で必死で わからなかったけど、非常なロスタイム表示、、、
画像
 繰り返しますが、仙台は1点取れば 望みを繋げますが、新潟は 1点でも取られたら 終わり!! 

 私は、半泣きになって 必死に絶叫する事しか出来ないけれど、選手は、重圧を 跳ね返し続けてくれました。


画像
画像画像
 アルビレックス新潟は 難攻不落のユアスタで 勝ち点3を得ました。
 同時刻に終了した 広島が勝利し、仙台の優勝も無くなりました。

 17000人の希望を砕いた結果、新潟は 最終戦に望みを繋げることが 出来ました。


画像
 11/25の新潟日報より。 シュート本数は 両チーム合わせて 38にも及びました。 死闘でした。

画像
 12/1の最終戦、15位のヴィッセル神戸と、16位のガンバ大阪 両チームが 引き分け以下で、アルビレックス新潟は 2013年、 J1リーグの 国内最高峰のリーグで プレーできるのです。 

 次の試合会場は、今季リーグ戦で 2つしか勝利していない ” 鬼門 ” 新潟スタジアム ビッグスワンです。

 プレッシャーを楽しめ! アルビレックス新潟!! ( 自分に言い聞かせてます )

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

torikera
2012年12月01日 20:07
残留決定おめでとうございました!
TV中継でジュビロ・ガンバ戦を思わず観てしまいました
(新潟戦の中継はなかったので!)
これでまた赤うどんさんのイレギュラー増えるかなぁ?!(笑)
あっグランパスはレッズに負けて残念だったぁ~
赤うどん
2012年12月02日 00:23
 torikeraさん、コメント ありがとうございます。
残留出来ました。 最近 勉強が ”おろそか ” になっているので、ブログの更新は 不定期= イレギュラーにさせてもらいますね。
 2013年も グランパスと対戦出来ることは、本当に光栄です。

この記事へのトラックバック