佐渡210kmへの道 ⑤ ~ ロードに 慣れる ~

画像
 5/20 ( 日 )の、佐渡ロングライドまで、ちょうど1週間に なりました。

 ロード・ ビアンキ ( 百道 ) の 納車が 4/23。

 世間では 黄金週間などと銘打って、連休だったようですが、私は まとまった休みは 無し

 労働も 昼間に 20分椅子に座れれば ” 御の字 ” という惨状だったので、帰宅してからの 乗車は不可能でした、、、

 なので、今日まで 時間を取って 自転車に乗れたのは、4日間。


 多目的使用することを前提にに作られた ママチャリ MTB などとは 一線を画し、ただ走る為に 存在するのが ロードという種類の自転車。

 とにかく ロードに慣れる! それが 私の至上命題!!!


 4/25
画像
 初試乗のこの日は、とても麗らかな日だったのは、本当に幸運でした。

画像
 百道と、我が家の先輩自転車たちとの、ご対面。
画像
手前から、1992年、アラヤ マディフォックス、 フレーム = クロモリ ( 鉄 )
 まん中 2008年、ルイガノ キャスパーPRO 、 フレーム = アルミニウム
 奥 2012年、 ビアンキ チェント ストラーダ 、 フレーム = カーボン

 2台とも 佐渡ロングライドの 100km & 130km を、トラブル無く 完走させてくれました。

画像
 交通安全の祈願のため、古町の 白山神社に行きます。 慣らし運転なので、ペダルは、一般的な物を 装着します。

 
画像
 そして チェーンには、サビ止めの為、レスポの防錆スプレーを まんべんなく 吹き付けます。


 自宅を出発。 タイヤの幅は、わずか 2.3cm!! 路面の凹凸がダイレクトに 体を突き上げてくる!!! 
 慣れない レバーでの変速!! ほとんどハンドルに しがみついてるだけで、カーブも カクカク直角ターン!!! 

 おっかなびっくり ヨタヨタと 低速走行します、、、

 こ、怖い!! 交通量が少なくて良かった、、、
画像
 サドルは とても薄くて、固いんです。 
 納車の時、
ロードのサドルって、こんなに 固いんですか? 」
 自転車屋さん そうです 」
「 あ、乗り込んで、” お尻が出来てくる ” と、平気に なるとか? 」
自転車屋さん なりません ( キッパリ! ) 」

 自転車屋さん パッド入りの パンツは 必須だね 」

 

 初試乗の この日は、パッド入り下着と、冬用の厚手の自転車用 長ズボンを履いたおかげで、尻痛は全くありませんでした。



画像

 4/25 の新潟市は、桜の花が、満開 もしくは、散り始め を迎えていました。
画像


 信濃川河畔の、歩行者遊歩道 ・ やすらぎ堤 ( てい ) は、水曜日のお昼前でしたが、ようやく訪れた 春を楽しむ 散歩する人、ランニングする人が 多くいました。

 当然 自転車は、徐行運転です。 少し ロードに 慣れてきたかな?


画像
 新潟総鎮守 ・ 白山神社にて、交通安全を祈願

 お昼ご飯を食べに、自宅に戻ります。


画像
 ペダルを、靴に固定する ビンディングペダルに交換して、いよいよ 本格的に ロードの走行練習です!!


 
画像
 とりあえず、坂道走行の練習の必要性から、地図を持たずに、丘陵の多い、新潟市 秋葉区を目指します。 
画像

 ロードのペダルを効率よく回転させるには、スキーの様に 靴を固定する ビンディング方式が不可欠。

 なのですが、ちょっと脱着にコツが いるのです
画像

 小阿賀野川沿いには 片道7km弱の 自転車道路が整備されておりまして、平日の午後、ここで 着脱の練習が出来ました。 ( けれども、結局 コツは つかめず仕舞い、、、)

 その後 能代川りんりんロード ( ここも 自転車専用道路です ) を利用して、ヘロヘロと走行します。
画像
 藪からは、ケーンケン と、何やら鳴き声。 ビンディングの外す時の バキッ!! という音に驚いたのか、雉 ( キジ ) が飛び出してきました( 驚かせて ごめんなさい )


 立ちコギ も おっかなびっくり出来るようになったし、ハンドルのポジションも いろいろ変えて 走れるようにも なりました。

画像
 最重要 課題! 下り坂に慣れること!!! 注 写真は、上り坂です。

 下り坂は、苦手です。 ビビります。 上り坂では、スイッチが入って、ニタニタしながら走るくせに、下り坂では、八百万の神様に 助けを請いながら 動く 障害物と化しています、、、

 確実にブレーキ操作を行うために、下 ( した ) ハン を会得しなければ なりません。


 下ハンとは?
画像
 独特のドロップ形状の、ロードのハンドルは、持つ箇所を変更することで、乗車姿勢が変化でき、体の硬直を緩和することができるのです。

画像
 通常走行時は、ハンドルの上部分に、手のひらを かぶせるような感じになります。 
 姿勢も比較的 楽です。

  ですが、ブレーキレバーが 幾分か遠く、急制動や、細かいブレーキ操作が出来ません!!

画像
 そこで、下り坂の様に、強いブレーキ操作や、微調整を行うには、ハンドルの下部分 ( 正確には ブレーキレバーの水平線上 )、下ハンでの操作が 不可欠に なって来ます。

 駄イラストの様に、ハンドルの位置が遠くなるので、背中を伸ばし、屈伸状態になるので、体は、かなり キツイです。
画像
 

 下ハンポジションで 下り坂を下る。 すごく安心感がありました。 

 毎日 腹筋背筋や、太ももを上げる ” 大腰筋 ” を意識した 運動をしていたので、個人的には 無茶苦茶苦しい 乗車姿勢では 無かったですし、
 下り坂での ロードは、非常に安定性がありましたし、下ハンのおかげで、ブレーキの 加減も スムーズに行うことが 出来るのです。
画像
 でも、やっぱり、下りは 怖い、、 日本の道が、全部 上り坂だけ だったら、どんなにか 幸せか、、、


画像
 この日の走行距離は、100km超。 「 え? もう100km?? 」 100kmって、こんな簡単に走れていいの?

 鶴見慎吾さんの著書で、『 気がつけば 100km走ってた 』 が、ありますが、まさしく その実感が! 

 カーボンファイバー製の フレームのおかげか、大して 疲労も感じないし ( でも、翌日 ちょっと ダルかったという 事実が、、 )

 ロードって、こんなに楽しく距離を走行出来るんだ、と 感動しきり。


 4/28
画像
 午後から アルビレックスの試合観戦に行くので、朝早く 走行。 ” もや ” が 発生していたので、川沿いは走れず、晴天ながら体感気温は低く、早々に 帰宅することに、、

 そして、ロードにて、初 立ちゴケ

 停車しようとしたところ、ビンディングペダルが上手く外れず、時速0kmで カクッと、いっちゃいました




 5/9
画像
 とにかく、ビンディングペダルを スムーズに着脱出来るようにならないと、佐渡ロングライドのような 大人数のイベントには 出る資格ナシ!! 

 夜 6時開始の 新潟での プロ野球 広島 × 阪神戦 の前に、90kmほど、走行 。

 悪戦苦闘すれど、運が良いと、スムーズに 装着できて、運が悪いと 顔を真っ赤にしても ビクともしない、、、

 いやいや、捨てる神あれば、拾う神は あるものですね。 自宅に着く 500mにて、脱着のコツを ようやく会得!!!

 外す時は、つま先をひねる 

着けるときは、片足で ジャンプする ような気持ちで、少し 膝を曲げてから、伸び上がる感じで踏むと、着脱 100% !!


 5/13
画像


 集団走行は、もう1年近くしていないので、シクロパル壱番館さんの 走行会に参加させていただきました。
画像
画像

 自転車走行時は、” 手信号 ” で 後続の自転車乗りや、対向車線の自動車に こちらの意志を知らせる必要があります 。

 実際 久々に行ってみると、手信号 + 声で 後続に合図することが 非常に有効だと 実感できました。
画像
 シクロパルさんの走行会の参加者の皆さんは、気さくですが、変に押しつけがましくなく、本当に楽しい走行会でした。
画像
 峠道を含む、70kmの距離でした。 他の人の走りを 見るのは非常に勉強になります。 特に 下り坂の走りを見られたのは 本当に貴重な経験でした。

 道なりの ルートでは、私が 先頭で 後続の人を ” 引く ( 風よけになる )” 経験も 出来ました。

 佐渡ロングライドは 一般道を走ります。 もちろん信号があるので、後続の自転車を意識した、停車 のタイミングなども 練習することが 出来 本当に 有り難い 練習会になりました。




 帰宅してからは、パンク修理の練習!!
画像
 パンクした !!!、と想定して、
 車輪を フレームから 外し、→ タイヤから チューブを引っ張り出し、→
 チューブをタイヤに戻して、→ 空気を入れて、→ 車輪を取り付ける。

 この練習です。

 タイヤが細く、圧着度も 結構強いので、ママチャリや、MTBの時よりも 力が 入りました。

画像
 注 実際に空気を入れるのは、チューブをタイヤに 戻してからです。

 携帯用の空気入れを 160回 必死に キコキコ 動かすと、体重55kgの私の適正 空気圧 6.5付近になります。

画像
 私が購入した、ビアンキ マイクロ フロアーポンプ、付属品として、ボトルゲージと一緒に取り着けられる ホルダーが付いてきます。

 この装着状態、まったくペダリングに干渉しないので、とても 便利です。

  実は、クランクを回していると、結構 干渉 ( 接触 ) するんです。

 携帯ポンプのホルダーを、出来るだけ 車体側に寄せて、 固定すれば、クランクを回転しても、接触しませんよ。


画像
 空気圧計も装備されています。 精度も まずまず正確だと 思います。

 2500円ほどですから、ビアンキ乗りなら 超おすすめ。他の自転車乗りでも、おすすめです。
画像
 【 追記 】 遅ればせながら、衝撃で ポンプが 脱落して しまうことがあるので、バンドなどで 固定すると良いです
画像

 短い期間ですが、なんとか 色々な不安材料を消化 出来ました。 

 残る不安は、210kmを 9~10時間で走れるか??? 今回は 試走する余裕が無いので、ぶっつけ本番に なります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

hime
2012年05月15日 18:32
本番までに慣れておかないといけないことが沢山ですね。
でもそれら全て楽しんでおられて、いい感じで本番突入ですね。
佐渡と柏崎でそれぞれ頑張りましょう。天気良ければ、、、う~ん、
ちょっと肌寒いくらいが良いかなw
赤うどん
2012年05月17日 20:31
 himeさん コメント ありがとうございます。 ロードという自転車は、走る ことに特化した自転車ですので、特殊な点が多く、私のような ” 飲み込み ” の悪い人間にとっては クリアしていかなければ ならない課題 ( 慣れ )が 本当に多かったです。
 ですが、それらを 一つ一つ 克服して行く 課程は、本当に楽しかったです
 20日は、有り難いことに 天気は良いようで 何よりです、が ちょっと 気温が上がりそう( 最高25℃ ? ) なのが、お互い長距離走にとって 難儀な所ですね。
 
torikera
2012年05月27日 00:00
遅くなってスイマセン
ロードバイクが赤うどんさんに馴染んでいく様子が分かって面白いです
とても特殊な乗り物ですからねっ(笑)
身体も心も馴れるのに大変でしょう
さてさてこの後の記事も楽しみに・・

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 佐渡210kmへの道 ⑤ ~ ロードに 慣れる ~ 忘我な 時/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-09 12:00
  • プラダ 財布

    Excerpt: 佐渡210kmへの道 ⑤ ~ ロードに 慣れる ~ 忘我な 時/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-09 19:32