元気と努力と根性

2011最終戦!!
画像

 12月に入りました。 Jリーグも 今日12/3 ( 土 )が最終戦です。 すでに J1残留を決めている アルビレックス新潟。 もっとも、この日 勝利しても、しなくとも 12位以下確定しています、、、
画像

 天気予報では 午後から雨、らしいですが、なんとか曇り で 留まっており、気温も この時期にしては 高めの 14℃
画像

 この日の対戦相手は、名古屋グランパス。 名将・ストイコビッチ監督が率いるクラブは、現在 2位! 首位 柏レイソルとの勝ち点差は、わずか1点

 柏が敗けるか 引き分けた場合名古屋が勝てば ( 勝ち点が並んだ場合は、得失点差で 名古屋が有利 )優勝して しまうんですよ!! 

 、、、ど、どこか他所でやれ! よそで!! 、もとい、新潟のホームで 優勝なんぞ させてなるのか

 くやしいんですよ、あれは。 1999年、J2時代の最終戦、FC東京に 新潟で J1昇格を決められたときの 悔しさといったら、、、
 よって、断固 阻止! ( 百が一 ) 優勝しても 拍手なぞ しませんよ! 当たり前です。

 
画像
 開場は、キックオフの 2時間前、1時30分ですが、シーズンパス保有者は 30分早く入場出来ます。
 コンコースから ビッグスワン入りを待つ 名古屋サポーターの 行列は、、、
画像
画像
 ( わかりにくくて 恐縮ですが ) 「 うお! エコスタジアム( 野球場です )の後方まで 待機列が!! 」 あの動員力、気合いが違う、、
画像

 スタンド入りして またびっくり。 見慣れない柵が 設けられている、、、

 ( 三十 が一 ) 名古屋が優勝したとき、このスペースで 優勝セレモニーやるんじゃ、、、

 席を確保して、イベントを見て回るため スタジアムを出ます。
画像
 2012用の、アディダスの新ユニフォームが お披露目されていました。
 そろそろアディダス以外の、例えば 私が日常愛用している ファイテンとか、新潟の企業・ヨネックスとか、
アシックスとか ミズノとか、日本の企業からの ユニフォーム提供を受けては? と思う 私。
画像画像
 左が ホーム用・右がアウェイ ( セカンド )用です。 写真取り忘れましたが、後ろは 取りたてて 特別な 意匠はありませんでした。
画像
 特徴は えり 。 アディダス以前の ユニフォームには 襟が付いていたので、デザインも 原点回帰的な 色合いが強く、斬新さは さほどありません。

 個人的には、襟付きが好きなので、結構 良いかも? 春先までは 出費がかさむので、夏くらいには 購入しようかな。

画像
そして、アイツが帰ってきた! 日本赤十字社は、アルビレックスの協賛団体です。
画像

 その マスコット、けんけつちゃん が! 夏場には決して 長時間 活動不可能と思われる ふかふか ( さわったことないので 想像 ) の ボディーを持つ、 愛くるしいキャラです。
画像

 冬から春先は 天候が悪くて、献血者が 減少します。 お暇な方は 最寄りの献血センターに 足を運んでみて下さいねぇ。

 
画像
 そして ビッグスワンでのスタジアム食は、やっぱり イタリアン!!
鶏そぼろイタリアン 380円
 鶏そぼろ と、白菜・ごぼう・しいたけ を さっぱりした醤油味のダシにからめた 和風仕立ての やきそば です。

 学校給食で、こんな感じの おかず ( 小型のズン胴に入っていた ) が 2週間に一度くらい献立に採用されて、好物だったことを思い出した 素朴な味でした。

 スタジアムに来るまでに、お餅を6コも食べてきたけど、別腹♪ 別腹♪
画像

 30分ほど ぼらぼら歩いて、スタジアムに入場して 外を眺めると、名古屋サポーターの待機列が ( 不鮮明で 恐縮です、、 ) まだまだ延々と!!!
画像
 干渉地帯が設けられ、
画像

 2000~3000人は いると思われる 大群衆が 形成されました
画像

 彼らが気合いを入れれば 我も気合いを見せねば。 選手入場時に バックスタンドに展開する 大旗・ビッグフラッグの お広げボランティアに参加しました。

 通用口で 旗を抱えて スタンドの通路まで運び、選手入場時までの30分ほど 待機しています。 
画像
画像
 名古屋も 『 WE ARE FAMILY 』 と 記された ビッグフラッグを展開、お見事

 実は、アルビレックス新潟、 J1昇格した 2004年から 2010年までの
ビッグスワンでの vs名古屋 Jリーグ戦の戦績は、
△○○○○○○ 6勝1分
画像

3;30 試合開始。 

前半は、攻守のバランスを保つ 名古屋。 全員でプレスをかけて 素早い攻めに持ち込もうとする 新潟。

 新潟の起点・両サイドからの攻め上がりを 消すべく 重点的に 要所を 守る名古屋。

 それでも、名古屋 6.5 対 新潟 3.5 くらいで 名古屋が押し気味に 試合を進めるも、
前半は 0-0


 首位 柏レイソルは 2-1で リードしている模様。

 闘莉王・ケネディ・玉田・藤本・増川・楢崎・田中 隼磨 らを擁し、ベンチには 永井 謙佑 が控える 2010年 Jリーグ王者・名古屋グランパス.。

 ベストメンバーだと これほど強いのかと、技術・パスワーク・判断スピード・すべてが違う、、、

 特に ボランチの ダニエルソンの運動量の多さ、ポジショニングや ボール奪取の巧みさは 特筆ものでした、、、

 前半の攻め疲れか、後手を踏む 新潟。 
 集団でボールを奪いに行き、手数を かけずに シュートまで持ち込む アクション( 能動 )サッカーが 2011年の新潟の戦術なのに、、、

 後半9分、玉田圭二に直接FKを決められ、0-1

 「 走れ! 新潟! 」

 粘り強く、諦めないのが アルビレックス新潟の スタイルだろう!

 技術や 体力の差が ある相手でも、格上の相手でも、必死になって 気迫を込めてボールを追い続ければ
 実力差に関係なく勝利出来ることも、先月の天皇杯で 高い高い授業料払って 教わっただろうに!!
画像

 2011年アルビレックス新潟、淡泊な試合が多すぎた。 
画像

 結局、首位の柏レイソルが勝利したため、名古屋グランパスの優勝は ありませんでした。


 10勝 9分 15敗 勝ち点38 14位
画像

 試合終了後、各スポンサー企業の社長さん達の挨拶も。 

 16年も アルビレックス新潟を支えてくれる 亀田製菓。
画像

 2年目の黒崎 久志監督。 不本意な成績を謝罪する声からは、不甲斐なさ 悔しさが にじみ出て、それは 痛いほど伝わってきました。

 情けないことに 今年の選手からのコメントには、ついぞ聞けなかった感情です、、、

 覇気が感じられる試合が少なかった、今年のアルビレックス。
画像

画像
 3万人の観衆も なかなか動員出来なくなったけれど、まだまだ 沢山の人たちが アルビレックス新潟を応援出来ることに 喜びを感じているのです。
画像

 アルビレックス新潟という クラブチームを創設するため、劣った練習環境下でも プレーしてくれて、クラブの礎となってくれた 元 選手たち、

 ケガのため、選手生活を断念せざるを得なかった 個性的な選手たち、

 様々な人たちの 積み重ねがあって、支えがあって 現在のアルビレックス新潟でサッカー選手として 生きていけるのだから、

 その有り難みを もっともっと 試合で表現して欲しいものです。

 2012年は、元気と努力と根性で、絶対 優勝争いを!!!

 私も、1日の日課の腹筋を 60回に増やして、来季に備えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

torikera
2011年12月13日 02:05
おおっ 腹筋60回ですかっ!!
今年は柏の快進撃にやられましたね
新潟にも頑張って欲しいところです
私も亀田製菓のお煎餅を食べて応援いたします(笑)
赤うどん
2011年12月14日 22:14
 torikeraさん、コメント ありがとうございます。 嘘か本当か 判りませんが、R.マドリードのロナウドは、腹筋1日3000回 だそうです、、、 
 それは さておき、亀田製菓のお菓子、ぜひ 夜のおつまみに ご愛顧下さい。
 

この記事へのトラックバック