宵の古町、ジャズ ストリート2011 冬

 《 新潟ジャズ ストリート 》 

 新潟市 古町を中心に、1月と7月の 年2回、ジャズのみならず、さまざまな 音楽を、
喫茶店・飲食店・イベント会場などをステージにして 行われる 音楽のお祭りです。
画像

 2003年から 回を追うこと、今回で17回目。 ファンの数も増え、 夕方も4時頃には、どこの会場も沢山の人が詰めかけています。
画像

 2011年、1/22 ( 土 )、16:20すぎ、 『 ジャズ フラッシュ 』 店の扉の前で 張り紙を見たところから、の続きです。


 ここがだめでも、残り31会場も あるのです。 自転車で GO!
画像


 16:30 4軒目 Boutique Bun Bun 

 ブティック=高級婦人服? で良いのでしょうか? 
 なにせ、私、服を買うといったら、『 紳士服の山 』 とか、『 アメカ屋』 とか、御用達の 『 ユニロ 』 や、古着屋さん しか行ったことがないもので、、、

 入ってええのん? 入りますよ~ぅ?
画像

 店内は、見るからに上質そうな 服が並んでいます。 ここが1階、横に 階段がありまして、階上から 音楽が聞こえてきます。

 恐る恐る のぞくと、階段には 行列が、、、階段の途中から 2階の様子が伺えます
画像


 窓から姿を 見えたのは、新潟市 秋葉区( 旧 新津市 )在住の ギタリスト、ファビオ・ボッタッツオさん

 運良く 2人ほど お客さんが退店して、2階に上がることができました。
画像

 ブティックの2階は、ギャラリーになっています。 

 出演 文田けい子 & Fabbio Bottazo Duo ( 敬称は略します )

 文田けい子 ( 歌 ) ファビオ ボッタッツオ ( g ) 東 聡志 ( b )
画像

 なんと、ヴォーカルの 文田 けい子さんは、このブティックの経営者なのです!! そして ジャズ シンガーでも あるのです!!! すごい 二足のわらじ もあったものだ、、、

 お客さんの層も どことなく違います。 文田さんのファンと おぼしき人の おしゃれなこと もちろん ファビオさんや、ベースの東さんのファンもいるでしょうけど、私など 全天候用 黒のアウトドアジャケットですからね、、 
 普段なら とても 足を踏み入れるのも 失礼な場所でも、 気軽にライブが 楽しめるのです。

 CDも出している 文田さんの 歌は さすがのひと言。 2人の名伴奏者の調べに合わせて 歌う 『 モナ・リサ 』 を 聴いている人の顔は 皆

 そして ギターのファビオさん
画像

 イタリア出身の彼のギターは、ブルース・ジャズ・クラッシック・ラテン など、世界の様々な音楽の香りがします。 
 独特の リズムから奏でられる ゆらぎ、晴れた日の凪いだ 日本海のような、いつまでもウトウトしていたい 心地良い響き。
画像

画像

 ファビオさんの アルバム 『 It's no Coincidence 』

 ファビオさんのホームページから、曲の試聴が出来ます

 トリオのベースは スウェーデン在住の 森 泰人、ドラムスは オランダ出身・沖縄在住のセバスティアン カプティン。 そして イタリア出身・新潟市在住の ファビオさん。

 8曲中 6曲がファビオさんの オリジナル曲。 CDの容量に目一杯詰め込む 、昨今のジャズアルバムと一線を画す、40分弱の聴く人に優しい 収録時間。
 聴けば聴くほど 聴きたくなる、21世紀の名盤です。 ハンク・モブレーの 『 ソウル ステーション 』 と並ぶ 気持ちよさ。


 ジャズ ストリートでは、1000円の共通チケットで ファビオさんの生演奏が聴けるのです。

 わずか3曲ほどでしたが、満足、満足。 5軒目へ


 運良く バンドの交代時、お客さんの入れ替えどき でした。 
画像


 17:15 5軒目 ジャズ フラッシュ お店のホームページへ

 いや~、入店 出来ました。 なにせ この ジャズ フラッシュ、お客さん 目一杯 入れても20人強くらいしか収容不可能だと思われます。
画像

 それでも ジャズ好きは ” ジャズ フラッシュ ”に足を運びます。 なぜならば、ジャズ喫茶の雰囲気と、音が良いからです。
画像

 出演 今 タクオ クインテット ( 5 ) with シーナ

 今 タクオ ( テナー サックス ) うめききよお ( g ) 竹田 拓馬 ( g )
 小幡 卓哉 ( b ) 小柴 慎 ( ドラムス ) シーナ ( 歌 )

 なんと、皆さん 山形県から 来てくれました!! ジャズ ストリートでは、毎回 東京都や、福島・大阪! などから 出演者が来てくれて、お祭りを盛り上げてくれるのです。

 2曲ほど ヴォーカル無しの5人の演奏。 来ます!! 襲って来ます!! サックスの いななきが! 両サイドを固める ギターのカッテイングが!! 
 歯切れの良い スネアドラムが!! ウッドベースの地響きが!! 
画像

イメージ画像 》

 音の塊が、真横から 私の体めがけて、ゴンゴン ブチ当たって来ます!! 
 その度に 体の断面が、 まるで だるま落としの 小槌で 打ち抜かれるような 衝撃を受けます。

 衝撃波を受ければ 受けるほど、体中の細胞が 活性化してゆきます ( 注 願望こみ )。
画像

 腕を組んで 体を揺らしている ジャズ フラッシュにいる 幸運なお客さんは、 皆 体に、音の塊を 受け止め、 至福の時を過ごしているのです。

 幸せ空間・ジャズ フラッシュにいると、何故か 襲ってくるのが、睡魔サン
 『 帰ってくれたら 嬉しいわ 』 などを歌う シーナさんのヴォーカルに合わせて、、こっくりこっくり

、、、はっっ!!、いかんいかん、拍手拍手

 音の 響きを考慮して 設計された 素晴らしいジャズ喫茶・ジャズ フラッシュで、心も 体も活性化!! 6軒目へ


 次の目的地は、古町から2kmほど 離れた所にあります。 
 土曜の繁華街を抜け、北へ向かいます。

 18:30ころ、道路は 除雪が行き届いているのですが、ところどころ ぬれて光っています。

 路面凍結かっ? その度に 徐行運転。 風も強く吹き付けます。
画像

 道の向こうは 日本海です。 夜なので かなり寂しい、、、 新潟島の突端にある、新潟みなとタワーが 目的地です。
画像

 18:45 6軒目 入船( いりふね )うどん お店のホームページへ

 香川県出身のご主人が、四国より取り寄せた 材料で調理する 讃岐うどんが、新潟で食べられる お店。

 ライブは始まっているのだけれど、まずは 自動販売機で 食券を購入。 
画像

 ゴトン と自販機から出てきたのは、竹?製の食券です。 お店の人に渡して 席を探します。
画像

 テーブル席。 ここが一番 音の聴こえが良かったです。 漫画本も充実。
画像

 奥には、座敷と、コタツがあります!! 
画像

あぐらをかいて リラックスして聴けるジャズ。
 出演は、古沢 和良カルテット( 4 )with NAMIKO

 古沢 和良 ( コルネット、フリューゲル ホーン ) 渡辺 ヒロユキ ( g )小林 克人 ( b )
 二野宮 徹 ( パーカッション ) 鈴木 美奈子 ( 歌 )

 くつろいでいるうちに、うどんが出来たとの 呼び声が。 いそいそと 取りに行きます。
画像

 鍋焼き うどん 880円 ( 冬季限定 )

 牛肉、きのこ、ねぎ、白菜、出汁巻き、カニ蒲鉾、あげ が 塩からくない 優しい出汁で 煮込んであります。
画像

 リーダーの古沢さんの楽器は、トランペットを小ぶりにしたような コルネットと、フリューゲル ホーンです。 どちらとも とても優しい響きのする 楽器。 
 古沢さんの奏でる 唱歌やポップスは、 親しみやすくて 染みいります。

 深夜放送 【 オールナイト ニッポン 】 の オープニング曲でおなじみの、『 ビター・スィート・サンバ 』 が 始まりました。

 ラッパのメロディとともに、 コシのある うどんをすする。 ギターの 旋律に合わせて だしを 飲む。 低いベース音 と共に 牛肉を噛みしめる。
 乱れ打たれる コンガに合わせて、カニかまぼこ・卵・白菜を食らう。演奏とシンクロして箸のピッチも速くなる。 鍋焼きを平らげる!  あぁ、美味かった!!

 まだ食べ足りないので、もう一品 注文する。
画像

 炊き込み 五目ごはん 200円

 こんにゃく・にんじん・しいたけ・れんこん・お肉 を、刻んで うどんの出汁で 煮込んだ、関西圏では かやくごはんと称される 品です。

 あのうどんの 出汁ならば きっと美味いに違いない! と確信して注文したのですが、、、

 お、美味しすぎ、、
 「 そっ、それに 山岡はん!( 『 美味しんぼ 』 ) あんた なんて嬉しいことしてくれたんや ( 喜び泣き ) 」 刻んだ小エビが入っているのです。 

 それにしても、懐かしい味、、、

 入船うどんの料理は、毎日食べられる 体に優しい味付けです。

 鈴木美奈子さんが歌う 『 酒とバラの日々 』 を聴いて、セットの途中ですが、20:00退店
画像


 その後、3軒ほどまわったのですが、満員だったり、演奏が始まるまで 間があったり、予定されていた出演がすべて終了していたりという状況。

 雪は止んでいますが、空を見ると いかにも重そうな気配、、、

20:30、この日は 結局6軒も はしご出来たし、路面凍結が怖いので、古町を後にしました。

 楽譜が読めなくても、ジャズなんて知らなくても 楽しめるお祭り、
次回、夏のジャズ ストリートは7月17日 ( 土 )& 18日 ( 日 )の2日間に渡って 開催されます

 2ヶ月前くらいから 会場や、出演者の詳報が ホームページで公開されます。 私は おそらく 行けませんが、夏なると 活動量が上がる方、音楽が好きな方は ぜひ訪れて見てください。

 拙長駄ブログ、最後まで 読んでいただき、ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

torikera
2011年02月03日 00:51
それにしても贅沢なひとときですねえ
ブティックのオーナーがジャズヴォーカリストおおおっかっ!スゴイ
鍋焼きうどんをすすりながら聴くジャズ!!
(食券がこりゃまたすごいが)
個人的にはファビオさんのギターを聴いてみたい
う~んそれにしても新潟はすごい
赤うどん
2011年02月04日 22:52
 torikeraさま、コメントありがとうございます。 ファビオさんのプレイは、ギターをされるtorikeraさまが 見ると、見所が沢山あると思いますよ。
 うどんを勢いよく食べながら聴くジャズ、これはぜひ 体験して もらいたいです。

この記事へのトラックバック