さよならプラネタリウム

お疲れ様でした。
画像

 新潟市・ 鳥屋野潟の湖畔に、新潟県立 自然科学館はあります。
 物理科学のしくみを ボタンや道具を動かすことで 体感できたり、動物 植物 天体などのリアルな展示物があり、キャッチフレーズの通り、楽しみながら 科学できる 博物館です。

 子供だけでなく、大人も楽しめる 展示物が一杯で、それこそ1日 たっぷり過ごすことのできる 空間。 
 1981年の開館以来、自然科学館の人気施設が、プラネタリウムです。
画像

 29年間 休まず ずっと稼働し続けてきた プラネタリウム投影機は、2010年、11月28日をもって 役目を終えます。 来年の3月には 新しい投影機が登場するのですが、その前に 見納めをと、久しぶりに 自然科学館に行ってまいりました。

画像

 小春日和、うららかな日曜日でしたので、館内は 家族連れのお客さんが多かったです。 各 展示室は スペースに ゆとりがあるので、ちびっ子が動き回っても 全く問題ない広さです。 どの部屋も 笑い声が満ちあふれて、とても良い雰囲気。

 プラネタリウムは、平日は 2回、土日祝日は、1日4回の上映があります。私が行ったのは、1:35の回。

画像

 映像を映す ドームの直径は、18m高さは、11m。 8000個の星を 映写することが できるそうです。

 座席は60席くらいでしょうか、かなりのお客さんで 埋まっていました。 
 シートは 180度近く 傾けられるので、とても快適 
画像

 上映プログラムは、11月に新潟市の夜空に 、周囲の明かりが無ければ、見られるはずの星座が 映し出されていました。
《 上の写真、クリックすると、拡大します 》

 写真の、 南の方角にある 木星をたよりに、秋の四角形から、
Wカシオペア座 )、( 海獣 )くじら座、生け贄に捧げられるアンドロメダ座、メデューサの首を下げて 闘うペルセウス座など、満天の星空の美しさに うっとり


画像

 もう1つのプログラムは、 『 さいごの 恐竜 ディラン 』 CGアニメーションです。

 白亜紀末期の約 6500万年、家族を失った草食恐竜の母竜は、肉食のティラノサウルスの卵を見つけ、育てる決心をします。 
 「 ティラン 」 と名付けられた その子は、やがて 母思いの優しい恐竜に育ちます。

 しかし、地球の恐竜を絶滅させた 原因とされている、巨大隕石の落下により、地球環境は激変し、生物は 次々死に絶えてゆきます。
 エサを求める 肉食恐竜から 母竜を守るため、ティランは、闘い、これらを退けます。

 飢えと寒さで 衰えた母竜は、我が子を生き延びさせるため、悲しいお願いを ティランに するのです、、、 

 不覚にも涙してしまいました、、、、、、 あぁ 場内が暗くて良かった、、この手の話には弱い、、、
 映像・ストーリー ともども、とても良くできていました。


 来年3月、 リニューアルされる 投影機では、9500個の星々を映し出せ、天の川の星々も 1個々の微細な 星として 映写できるとか!!

画像

 29年間、働いてくれて 本当にお疲れ様でした、ありがとう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

torikera
2010年11月22日 01:05
ありゃりゃ 「コメントスパム」というので 二回コメントが拒否されてしまいましたぁ 変な言葉書いたかなぁ?? ちょっと試しに コメントしますね
torikera
2010年11月22日 01:06
今度はうまくいきました
プラネタリウムいいですね
恐竜の話で泣けるという 赤うどんさんもいいなぁ
hime
2010年11月23日 01:31
宇宙や星は好きなのでプラネタリウムはいいですね。
今のが引退するのは残念ですけど、新しいのは最新のテクノロジーで格段良くなっていろんな事ができるのでしょうね。3月が楽しみですね。
赤うどん
2010年11月24日 22:27
 torikeraさま、不快な思いをさせましたこと、申し訳ありません。 
たまたま 何かの間違いで 制限されてしまったのでしょうか? 何にせよ、すみませんでした。
 実は 10数年ぶりのプラネタリウムでした。 とても良い気分転換になるので、もっと 行っておくべきでした、、、
 ところで、草食恐竜って、いいですね。 それに育てられた、優しい目をした ティラノサウルスの行動が 涙腺を刺激したのです
赤うどん
2010年11月24日 22:32
 himeさま、コメントありがとうございます。 当日、メガネを掛けて( 映画や サッカー観戦の時だけ つけてます)プラネタリウムを見たのですが、19歳まで、視力が2.0だった頃を 少しだけ懐かしく思い出しました。
 来年からは、ちょくちょく行って楽しみます。

この記事へのトラックバック