『 アクセス 』よ、お前もか、、

 AMラジオの良心までも、、
画像

 3月半ばから、関東や 近畿圏では ラジコのサービスが始まったようです。 
 ラジコとは? ずばり インターネットでAMラジオ( とFMラジオ )の放送が聴けるサービス。 
 ラジコの公式説明サイトよりも、こちらの 朝日新聞のサイトの方が 解りやすいので リンクを張っておきます。
 このラジコのサービス、CMや 交通情報など ラジオ放送がリアルタイムに聴けてしまうので、差し障りがあるのか、サービスを享受できるのは 実際に放送を受信できる地域のみ。

私のような 遠距離リスナーには 今まで通り ラジオからの放送に耳を傾けるだけなのです。
 一方、1万人に1人 くらいしか楽しんでいなかったのでは? ( 私もその1人ですが、、 )と思われる、AMステレオ放送が 3月から 次々と 放送を終了しています。 
 プロ野球中継をファンタジー空間に様変わりさせ、FMの音質には及ばなくとも、AMの優しい音質での、 深夜に流れる洋楽に心 洗われた 私こと マイノリティなAMファンにとって 寂しい時節、、
 AMの中波電波は、DVDやMD機器などとの相性が最悪なのです。 自宅では、録音用の外付けのMDデッキを 50cmほど離して設置しています。
家電屋さんで カタログを立ち読みしていて 驚いたのは、最近のミニコンポには、ラジオ受信は FMのみ、と AMラジオを見限ったメーカーも出てきたこと、、、

 そんなAMラジオ氷河期の中、さらなる悲劇が、、、

 TBS系ラジオ番組、『 アクセス 』、4/2で終了!!
 この番組、政治・スポーツ・流行などの日々の出来事から、毎日テーマを設けて 生電話で参加する 聴衆者 ( リスナー )と、日替わりのパーソナリティとが、意見を述べ合い、同意したり、反対したりして 意見を戦わせる( 【 バトル トーク ラジオ】 が番組の副題 )、超人気番組です。

 リスナー or パーソナリティどちらかが 一方的に主張する時も多々あるけれど、どちらの意見も 示唆に富むので、私にとっては、いつも うなずいたり、首をかしげたりしながら 複眼的視点を常に養ってくれた 貴重な時間でした。 

常に聴いていたのは、 現 新党日本の 田中 康夫さん・コラムニストの えのきど いちろうさん・ジャーナリストの藤井誠二さん・元 日刊ゲンダイ編集部長の二木 啓考さん の曜日。
 彼らは、番組で、犯罪被害者、放送被害者、生活弱者 ( 嫌な表現ですみません )の視点で言葉を語り、短絡的で、ステレオ的なメディア表現、埋もらされ がちな 法律の改悪に意義を唱え続けた方々。 
 
 時には ユーモアを交えて、些細なことも 真剣に熱く主張し合う、そんな 娯楽 情報 番組、アクセス。 
 4月からは ( 経費節約のため )TBS局のアナウンサーが担当する新番組が始まるとか、、、

 新聞とアクセスが 貴重な 世情を知る情報源なのに、、、 良心的報道検討番組は、MBSラジオの『 たねまき ジャーナル 』だけに なってしまいます、、、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック