ブラインド サッカー

 想像して下さい。

 ① 基本的には サッカーです。
 ② フィールドの広さは、フットサルと同じ 40メートル×20メートルです。
 ③ 1チームは GKを入れないと 4人。

 ④ ただし、ボールには鈴が入れられた 特殊な物を使います。
 ⑤ GKは 晴眼者 ( 目が見える者 )が務めます。

 そして、フィールド プレーヤーは、目を使ってはいけない ( ブラインドの状態 )のです。

画像

『 闇の中の翼たち 』 ーブラインド サッカー日本代表の苦闘ー

 岡田 仁志・著 幻冬舎 1500円+税

 なお、このリンクは、著書のリンクではなく、日本 視覚障害者サッカー協会へのリンクです。


 全盲の選手たちが、ボールの中の 鈴の音を頼りに、味方とパスをつなぎ、「 ボイ! ( スペイン語で、行くぞ )」 の かけ声を発する敵から ボールを保持し、敵ゴール裏のコーラー ( CALL 呼びかけ )の ゴールポストを叩く音や、ゴールまでの位置取りの 指示を元に、目の見える 相手GKが守る ゴールめがけてシュートを打つのです。

 目からの情報を完全に遮って、耳と、感覚を研ぎ澄ませて、 ドリブル・パス・ディフェンスをする、想像を遙かに超える世界。

 選手は、先天的であったり、後天的であったり、視力を失った経緯は ばらばらです。なので、生まれてから、サッカーという競技を見たことが無い、もしくは、視力のあった 幼い頃の記憶しか無い、と サッカー像も ばらばらです。 
 ドリブル1つとっても 世界中で様々、

 朝の情報番組、『 めざましテレビ 』で 紹介されていた、日本代表、黒田 知哉さんは、世界最高のサッカー選手 ( 自認 )、元フランス代表 Z・ジダンの テクニック、マルセイユ ルーレットを披露してくれました!! ボールを支点に 体をクルッと一回転させ、即座にボールを別の足に持ち替えて、相手をかわす 超 高等テクニックですよ!!! 

 人間のイメージする力って 素晴らしい

国際大会は 身体的に全盲の方に 限られますが、スポーツとしては、アイマスクなどを着用すれば 可能のようです。 新潟にも ブラインドサッカーの クラブチームがあるそうなので、出来たら 見学、いや、実際にプレイしてみたいな~、と思っております。

マルセイユ ルーレットどころか、普通のドリブルも満足に出来ないですけど、、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 黒田智成   蹴球な格言 その66

    Excerpt:                                                                                         ”ピッチの中.. Weblog: サッカーが日記 racked: 2010-08-19 16:25