忘我な 時

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013 ツール・ド・松之山

<<   作成日時 : 2013/08/31 23:26   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2日合計 ( 170km + 130km )= 300kmの ロングライド。
画像

 もう 3ヶ月近く前の話になりますが、6月8〜9日、自転車でツーリングに行って参りました。 

 毎週日曜日の朝、練習会でお世話になっている、” 動く自転車 ・ シクロパル壱番館 ” さんの主催する 第2回 ツール ・ ド ・ 松之山

画像

サッカー ・ アルビレックス新潟 のホームスタジアム 近く、新潟市中央区 をスタートして、縦長の 新潟県の 内陸部を南下。
 もう少しで 長野県境、十日町を越えて、松之山 ( まつのやま ) が、1日目のゴール地点!170km!!

 翌日は、ひたすら日本海の海岸線を北上して、ツンデレ(?)な 向かい風 と一緒に、 スタートした 新潟市中央区 ・ 鳥屋野 ( とやの ) を目指します!! 130km!!

 2日合計 300kmの 自転車三昧な 6月8、9日。

 昨年度、第1回を、ヘロヘロの体で、完走した私に、お声をかけて頂きました。

 今年の最長距離は、150km だったので、不安は大きいです。 
衰えた体を補うには、散財 否、装備のグレードアップしか あるまい!!
画像

 OGK カブト MS-2 Lサイズ わずか215g 

 ヘルメット、5年ぶりに新調しました。 デザイン的には、イタリアの MET社・KASK社、ベルギーの LAZER 社、オランダの BBB 社 など、迷いましたが、

 やはり日本人のために 日本のメーカーが製作したヘルメットが、個人的には、1番 しっくり来ます。

 欧州列強のヘルメット群は、平均260g 〜 くらいの 重さですが、OGK の MS-2のLサイズは、215g!! 

 安全性は 幾度も重ねられたテストで、保証済み。  今回参加者の A さんも仰っていましたが、「 距離を走ると、軽さが 物を言う 」 のです。

 頭に乗っけていることを 時折忘れるほど、( 休憩時、ヘルメット装着のまま うろうろ する時は、特に顕著 )


画像
 CAMELBAK ポディウムチル ボトル 750ml<
 自転車で長距離を走っていると、お腹が空きますし、それ以上に のどが乾きます。 こまめな 水分補給は 必要不可欠で、自転車に乗りながらの補給は必然です。
画像

 ボトルの ” 腹 ” 部分を 押す、または、吸うと、中の飲料が出て来ます。 

 ダイヤルが付いていて、【 閉じる 】に回すと、外部から 押されようが、逆さまにしようが、液漏れ無し!
画像

Zwfal ( ゼファール ) のボトルケージと相性抜群!! で、走行中の 抜き差し のストレス無し!! でした。



 今回のツーリング、30名弱の 自転車乗りが 参加したのですが、栄えある、第1番に列せられたのは、
画像

 東京都から、鳴嶋 英雄 さん ( 77歳 )

 東京都など、関東に 店舗を構える、自転車ショップ、『 なるしまフレンド 』 の会長さん、と 書けば、自転車乗りなら、「 え! あの なるしまさん!! 」 と、驚愕されるでしょう。

 『 ツール・ド・松之山 』 の主催である 【 シクロパル壱番館 】 のお店の方が、『 なるしまフレンド 』 で 修行されて、その ご縁から、ツーリング企画に参加して下さったのです。
画像

 見て下さい、この ふくらはぎ!! 42歳の 私めなど問題に なりません! ( 要 猛練習 ) 。 

フォームも 終始安定、ペースの まばらな 集団内なので、 何が起こっても良いように、一定の位置取りを崩さず、走り続けておりました。

 


画像

 6月8(土)、9(日) の両日、初日の出発時こそ 小雨交じりでしたが、
画像
画像
画像


 後の旅程は、快晴

画像

 昨年の第一回は、両日とも 雨だったため、「 とにかく、宿へ、、、 」 「 昼休憩だけが 唯一の救い、、、 」 と、キツイ300kmの行軍 ( ? ) だったように 記憶しているので、、
 まさに 地獄と天国!

 道中、クリートの調子が悪かったり、チェーンが切れたり、ペースが合わず苦労したりと 軽トラブルは ありましたが、怪我人が でなかったのは、本当に幸いでした。

 強いて言えば、私が 出発時は、左側に、ゴール直前は、 右側に2回、立ちゴケ したことですか、、、

 さらに、、残り 3km、宿までは 上りが続くのですが、

 調子に乗って、1人で 先行。 トンネルを抜けて 少しの下り区間で、

 バスッ という不吉な音が!!

 時速40kmで、後輪が どんどんコントロール不能!! フルブレーキで、何とか停止、、、、、
画像

 ロード de 初パンク、、、、

 替えのチューブも あるし、練習したので、難しいことはないのですが、
問題は、《 携帯用の ミニ空気入れ 》 を 150回以上、押し引き 地獄の上下運動が待っている という事実、、、

通り過ぎる 後続の仲間に 無事を知らせ、作業をしていたら、

 「 パンクですか? 」

 と、千葉県から、すぐ近くの 奥さんの実家に遊びに来ていた 自転車乗りの方が 声を かけてくれたのです!!!
画像

 ヒルクライム の練習帰りに、ちょうど出くわしてくれて、

 空気入れを 使わせて頂きました!!!


画像


 道中、間違えそうな 分岐点には、前もって、目印のリボンが 巻いてありました。

 実行委員の方々の おかげで、楽しく 遊ばせてもらいましたこと、感謝申し上げます。

画像
 午後4時過ぎ、松之山温泉街に到着
画像
画像

 お宿は、 こめや旅館 様 

 昨年に引き続き、今年も お世話になりました。

 玄関にシートを敷いて、自転車保管スペースを作って下さいました。

画像

 ところで、松之山温泉は、日本三大薬湯の 1つ! なんですよ。

 残りの二つは、群馬の草津と、兵庫の有馬 です。

 残念ながら、知名度が若干低い、名湯 ・ 松之山 ( 恥ずかしながら 去年まで 私も 知りませんでした、、、 ) が、

 アルカリ泉質の お風呂は、160km の疲労を 完全に 癒すのです。

 昨年なんて、160km、の雨行軍でしたが、翌日、全く疲労が残って いませんでしたからね。 すばらしき哉、マツノヤマ!!



 こめや旅館は、晩朝の食事も、絶品です!!

 食事が美味しいと、宴会の お酒も進みます。

 宴が終わり、各部屋に戻って、参加者の” 子育て ” の 実体験を興味深く 聞いていると、時刻は 11時過ぎに、、、



 翌、6月9日も、残り130kmを走るため、8時出発です。
画像

 地元紙 ・ 『 新潟日報 』 が 取材に 来てくれました。

 ずうずうしくも、写真中央部に 私が おります。

画像
 松之山を出発した後、荻の島 の かやぶきの里へ
画像
画像




 観光を終えた後は、向かい風 吹き付ける 日本海沿いを、北上します!!


 貧弱なため、集団に付いて行けず、昼食ポイントの道の駅まで 涙の単独行、、、
画像


画像
 お弁当 + アイスクリーム を 美味しく食べた後は、気持ち良く 走行



画像
画像
 2日間で、火ぶくれするほど 日焼けして、
午後4時すぎ、新潟市 鳥屋野の、シクロパル壱番館に帰ってまいりました!!
 注 写真は、当日の壱番館では ありません。


 体力が格段に落ちていたので、2日合計 300kmは 無理かな? と 思っていましたが、
 4月から、毎週日曜日の、練習会 ( 通称 虎の穴 )に 参加した事と、終始、のどかで 大人の心配りが出来る方が 揃っていた おかげで、楽しく 走る事が出来た事、
 エイドステーションの設置地点の絶妙さ、

 私のような 貧弱 自転車乗りでも 楽しく 遊ばせてくれた、ツール・ド・松之山実行委員会の皆さん、
 参加者の皆さん、ありがとうございました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやぁお疲れ様でした
見ているだけで息が切れてしまいます 詳細レポいつもすごい
ここのところ装備が一気に改善され 心も体も絶好調ツアーですね
仕事のストレスもかっとばして楽しんでいるようです
事故に気を付けてバイク人生エンジョイしてください!!ナイスです
toriekra
2013/09/16 16:23
 torikeraさん、今回も、”とっちらかった ” 内容、読んで頂き、有り難うございます。
 9/21,/22 は、自転車練習会の 【 合宿 】に 行って、夏場に たるんだ体を鍛え直して参ります。

赤うどん
2013/09/16 21:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013 ツール・ド・松之山 忘我な 時/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる